Cosmetics

乾燥肌の人

乾燥を防止します

乾燥肌の人は、顔がカサカサしたり、表面に粉をふいたような状態になっていることがあります。こういう状態の場合、皮膚の天然のバリア機能が働かなくなり、紫外線やウイルス、細菌などによるダメージを受けやすくなっています。 乾燥肌の人は洗顔方法から見直していく必要があります。専用のクレンジングでセラミドなどを洗い流さないように注意します。また特に注意して保湿成分を補う化粧品をを選ぶ必要があります。通常の皮膚であれば、保湿成分のある化粧水をつけて、その上からクリームなどの脂分でふたをするという方法をとりますが、乾燥肌の人の場合には、保湿成分を補うクリームやオイルを選ぶ必要があります。乾燥肌の人は、洗顔や保湿用化粧品の選ぶ方が大切です。

保湿成分を補います

乾燥肌の人は肌がかさかさしていますが、ケアをしようと思っても化粧品自体が肌に負担になる場合があります。保湿化粧水をつけようとしてもしみて痛い場合があります。このような場合には、無理をして保湿化粧水をつけるのではなく、別の化粧品で保湿ケアを行います。たとえばしみないクリームをつけて肌の回復を待つという方法です。スクワランのクリームなどを塗って保湿します。スクワランは深海ザメの肝臓からとれる肝油ですが、人間の皮脂膜の成分でもあります。このスクワランを塗ることで、肌の表面をすべすべにし保湿能力が持続する効果が期待できます。あまりに乾燥がひどく化粧品がしみるなどの場合には、化粧水や乳液などの使用は中止して、保湿成分の含まれたオイルやクリームでそっとケアをします。